事業者の方へ

制度概要ABOUT

  1. 対象となる事業者

    レジ袋を扱う小売業※を営むすべての事業者が対象です(事業の一部として小売業を行っている場合も対象)。
    法令の対象外の業種であっても自主的な取組として有料化を実施することを推奨しています。

    ※各種商品小売業,織物・衣服・身の回り品小売業,飲食料品小売業,自動車部分品・附属品小売業,家具・じゅう器・機械器具小売業,医薬品・化粧品小売業,書籍・文房具小売業,スポーツ用品・がん具・娯楽用品・楽器小売業及びたばこ・喫煙具専門小売業

  2. 対象となるレジ袋

    消費者が購入した商品を持ち運ぶために用いる「持ち手のついたプラスチック製」の買物袋が対象です。素材が紙や布である買物袋,持ち手がない袋は有料化の対象外です。

    環境性能が認められ,その旨の表示がある以下3点は対象外ですが,あらゆるプラスチック製買物袋を有料化することにより,過剰な使用を抑制していくことが基本です。こうした袋への転換を進めるなど,環境価値に応じた価値付け等を推奨しています。

    • バイオマスプラスチックの配合率が25%以上の買物袋
       植物由来がCO2総量を変えない素材であり,地球温暖化対策に寄与するためです。
    • 海洋生分解性プラスチックの配合率が100%の買物袋
       微生物によって海洋で分解されるプラスチック製買物袋は,海洋プラスチックごみ問題対策に寄与するためです。
    • プラスチックのフィルムの厚さが50マイクロメートル以上の買物袋
       厚手で繰り返し使用が可能であることから,プラスチック製買物袋の過剰な使用抑制に寄与するためです。

    ごみ半減をめざす「しまつのこころ条例」※の取組

    • 対象外のレジ袋の場合でも,有料化又は,ポイント付与等のレジ袋の配布を抑制する取組を実施するようお願いします。

    ※「京都市廃棄物の減量及び適正処理等に関する条例」の愛称

  3. 有料化とは

    7月1日以降,レジ袋を必要とされる方には,レジ袋を1枚当たり1円以上でお渡しください。レジ袋を提供しないことと引き替えに商品価格を値引くことや,ポイントを付与すること,その他の利益供与を行うことは有料化に含まれません。

    レジ袋の価格設定と売上の使途については,消費者のライフスタイルの見直しを促すという本制度の趣旨・目的を踏まえつつ,事業者の方自ら設定をお願いします。

    ごみ半減をめざす「しまつのこころ条例」の取組

    • レジ袋の要否と必要枚数を御確認してください。また,消費者にマイバッグでお買い物いただく旨の啓発のご協力をお願いします。
  4. レジ袋を有料化しなかった場合

    ごみ半減をめざす「しまつのこころ条例」の規定により,勧告及び公表の対象となることがあります。
    また,容器包装リサイクル法の規定により,「容器包装多量利用事業者」は,勧告,命令及び罰則(50万円以下の罰金)の対象となることがあります。

WEB説明会SESSION

レジ袋有料化に向けたWEB説明会を以下の日程で開催いたします。

開催日一覧

  • 第1回
    6 12 14:00 –
    14:30
  • 第2回
    6 17 18:00 –
    18:30
  • 第3回
    6 18 14:00 –
    14:30
  • 第4回
    6 23 18:00 –
    18:30

内容

なぜレジ袋を有料化するのか,どのようなレジ袋が対象になるのかなど,分かりやすく説明する動画を視聴できます。また,視聴中,疑問に思われたことにお答えいたします。チャットでお気軽に御質問ください。

参加方法

開始時間になりましたら,下記リンクから御参加いただけます。

御質問と回答

説明会での主な御質問と回答を掲載しています。

説明動画

レジ袋有料化に関する説明動画は常時配信中です。

広報物のダウンロード

事業者の皆様における対応の準備をお願いする上でご利用いただける広報物をご用意いたしました。下記ページよりダウンロードいただけます。